ホーム>組合概要
1 / 2
宮古地区広域行政組合の概要
 
 ■ 設立とあゆみ
 宮古地区広域行政組合は、宮古市・田老町・山田町・岩泉町・田野畑村・新里村・川井村の1市3町3村が協力して、市町村の枠を超えた広域的な共同事務を行うために、地方自治法第284条第2項の規定に基づき設立された一部事務組合と呼ばれる特別地方公共団体です。
 し尿の共同処理を目的に昭和44年5月に陸中衛生処理組合として発足し、昭和62年7月にさらなる広域行政の効率化を図るために、宮古下閉伊食肉処理組合、岩泉町・田野畑村伝染病隔離病舎組合、宮古地区広域市町村圏協議会及び宮古地区広域消防組合を統合し、現在の「宮古地区広域行政組合」として発足しました。
 平成17年6月の宮古市・田老町・新里村の合併、平成22年1月の宮古市・川井村の合併を経て、当組合の構成団体は、宮古市・山田町・岩泉町・田野畑村の1市2町1村となっております。
 
 ■ 圏域の範囲
 宮古広域圏は、宮古市・山田町・岩泉町・田野畑村の1市2町1村で構成されており、面積は2,670.51平方キロメ−トルで県土の17.5%を占めています。
 
 ■ 位置と地形
 宮古広域圏は、岩手県の東部、北上山系のほぼ中央に位置し、東は太平洋、西は盛岡、北は久慈、南は釜石の各広域圏に接しています。
 内陸部を北上高地が横断し、その支脈が沿岸に向かって山岳地を形成し、平坦地の極めて少ない地形です。
位置と地形1     位置と地形2
 
 ■ 人口の状況
 宮古広域圏の人口は、令和2年国勢調査では76,474人で、前回(平成27年)よりも9,335人減少しています。
 
●宮古広域圏の人口(単位:人)
区 分
人 口
H27との比較
宮古市
50,369
△6,307
山田町
14,320
△1,506
岩泉町
8,726
△1,115
田野畑村
3,059
△407
合 計
76,474
△9,335

 
HOME
次へ