ホーム>事務局
 
事務局総務課
 
 ■ 事業内容
 総務課は、次の業務を取り扱います。
○ 職員の人事及び福利厚生に関すること。
○ 議会に関すること。
○ 条例、規則その他の規定及び文書事務に関すること。
○ 公聴広報に関すること。
○ 予算その他財政に関すること。
○ 組合財産の管理に関すること。
○ 入札及び契約に関すること。
 
 施設課は、次の業務を取り扱います。
○ 一般廃棄物処理計画の策定及び構成市町村の一般廃棄物処理計画との調整に関すること。
○ 一般廃棄物の収集、運搬及び処分に関すること。
○ 一般廃棄物処理業の許可に関すること。
○ 浄化槽清掃業の許可に関すること。
○ 一般廃棄物処理施設の管理運営に関すること。
○ 一般廃棄物の処理に係る業務統計に関すること。
○ 一般廃棄物の再生利用事業の推進に関すること。
 
●一般廃棄物処理基本計画
 宮古地区広域行政組合では、平成23年度から平成37年度までの15年間を計画期間とし、平成23年3月に一般廃棄物処理基本計画(ごみ・生活排水処理)を策定しました。
 本計画では、「循環型社会の形成」を基本理念とし、「3Rの推進によるごみの減量 ・資源化の促進」「ごみの適正処理の推進」「計画的な施設整備の推進」「東日本大震災における震災ごみ処理・処分の実施」の4つの基本方針を掲げ、構成市町村とともにその実現に努めてまいります。
 また、本計画は5年ごとに分け、前期計画(平成23年度から平成27年度)では、県や構成市町村と連携を強化し、震災後の復旧・復興を最優先の課題とし、中期計画(平成28年度から平成32年度)では、復旧・復興後の一般廃棄物の適正処理に努めるとともに老朽化してきている一般廃棄物処理施設の延命化等を図り、後期計画(平成33年度から平成37年度)では、今後の一般廃棄物処理の方向性を再検討していきます。
※3R
『リデュース(Reduce)排出抑制』『リユース(Reuse)再使用』『リサイクル(Recycle)再生利用』
 

 
HOME