ホーム>ごみの区分
 
ごみの区分
 
注意 廃棄物には、一般廃棄物と産業廃棄物があります。
 
●廃棄物とは、人間の活動に伴って発生するもので、ごみなどの不要物や自分で利用した他人に有償で売却できないため不用になった液状または固形状のものをいいます。
 
●廃棄物には、その発生形態や性状の違いから、「一般廃棄物」と「産業廃棄物」のふたつに大別されており、排出後の処理の責任主体や処理方法が区分されます。
 
●産業廃棄物とは、会社や工場の事業活動に伴って発生した廃棄物のうち、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に定められた20種類の廃棄物をいいます。
 
●一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の廃棄物をいいます。一般廃棄物の処理は、原則として市町村(行政組合)が行います。なお、事業活動に伴って発生した廃棄物であっても、産業廃棄物に該当しないものは、一般廃棄物となります。
 
注意 一般廃棄物には、家庭系一般廃棄物と事業系一般廃棄物があります。
 
●廃棄物は、発生の形態の違いから、事業活動に伴って排出される廃棄物と一般家庭から排出される廃棄物とに区分されます。
 
●事業活動に伴って排出される廃棄物は、性状によって産業廃棄物と事業系一般廃棄物に区分されます。
 
ごみの分別
 
●宮古地区広域行政組合が受け入れている一般廃棄物は、以下のように区分されます。
 

 
HOME